仏説無量寿経 〜 阿難はこうして救われた

『無量寿経』は、「浄土三部経」と呼ばれる浄土宗の大切なお経の、ひとつです。三部経の中でいちばん大部なので『大経』とも呼ばれています。ここでは、尊者阿難(あなん)を主人公として、このお経のストーリーを物語風にまとめています。

(一) ある日の阿難とお釈迦さま

阿難は、つねにお釈迦さまのおそばにお仕えした弟子です。しかし他の弟子たちが次々と悟っていくなかで、最後まで悟れなかった一人です。

ある日、お釈迦さまは、王舎城という町の耆闍崛山という場所にいらっしゃり、数多くの弟子とすばらしい菩薩に囲まれていました。阿難も、その中でいつものように、お釈迦さまのおそばにいました。

その日、お釈迦さまの姿は、これまでに見たことがないほど、たいへんうるわしくいらっしゃいました。阿難尊者はそれをほめたたえ、そのわけを尋ねました。お釈迦さまは次の教えを説くためであるとおっしゃいました。

教えを心をこめて説くとき、説く人は法悦にひたるものです。それはその人が説いているようであって、実のところ、「教え」がその人に乗りうつって音になっている、とも言えるものです。そのとき説く人の姿は、その教えをいただく喜びにあふれ、顔色はかがやき、声はひびきわたります。

その日のお釈迦さまのご様子も、ちょうどそのようでありました。それは、今から説く無量寿経の教えに、お釈迦さまがひたっているのでありました。その教えをこれから、阿難は聞くことになります。

(二) 阿難の聞いた《本願》

お釈迦さまの説法がはじまり、阿難は説法を聞き始めます。

昔むかし、世自在王仏(せじざいおうぶつ)という仏がいらっしゃいました。そのときある国王が、世俗を捨ててその仏の弟子になり、法蔵菩薩(ほうぞうぼさつ)と名乗りました。法蔵菩薩は師である世自在王仏の前に出て、自分はすべての衆生を救いたいのであると言いました。

そこで世自在王仏は、数々の模範となる仏の活動を示しました。法蔵菩薩はそれらについて五劫という長いあいだ、思惟しました。法蔵菩薩はそれをもとに四十八の誓いをたて、修行を重ねて、四十八の本願を実現しました。

十劫というとてつもない昔のことです。法蔵菩薩は阿弥陀仏となりました。四十八の本願は、阿弥陀仏の「でどころ」「本体」とも言える願ですから、《本願》というのです。

しかし《本願》を聞いただけでは、阿難はまだその真意がわかりませんでした。

(三) 《本願》成就の世界のすがた

お釈迦さまの説法は続きます。

願いが実現して法蔵菩薩はいま、西方の安楽(または極楽)という世界にいる。その名は無量寿仏(または阿弥陀仏)です。その世界は、本願に誓われたようなきらびやかな風景が実現されています。阿弥陀仏の光は人を目覚めさせるすばらしい力を持ち、その阿弥陀仏の寿命は無限です。

阿弥陀仏の国には多くの聖者がおり、宝の大樹があり、きらびやかな建物があります。その国には諸々の苦痛がなく、人々は神通力を使い、その世界は色鮮やかな蓮華に満ち、あらゆる存在が真理を説いています。その国の人は悟りに向かって後戻りすることがありません。

この国には、ただ念仏すれば、至ることができます。

阿難は《本願》の実現した姿を、お釈迦さまから聞いたのでした。しかしそれでも、阿難にはその真意がくみとれませんでした。

(四) 《本願》成就の世界と《わたし》

お釈迦さまの説法は続きました。

阿弥陀仏の国に生まれる人に上・中・下の三種類があります。上の人は、出家してあらゆる仏道修行をおさめて、この国に生まれようと願います。中の人は、在家のままで仏を拝んで功徳を積んで、この国に生まれようと願います。下の人は、まったく功徳を積まなくとも仏を念じて、この国に生まれようと願います。上・中・下にかかわらず、これらのすべての人が阿弥陀仏の国に生まれます。

世界中の仏が、阿弥陀仏を供養しその国に行きなさいと、弟子たちに勧めています。阿弥陀仏の国では観音菩薩・勢至菩薩が人々を教え導き、その国の人々は、自由自在に仏を敬い、法を聞いて、悟りを得ます。

《本願》成就の世界にどうやったら、この自分が行けるのかを、阿難は改めて聞いたのでした。また自分に関わりのある数々の人が阿弥陀仏の国に行くのを勧め、阿弥陀仏の世界で活動し、自分もその仲間に入れることを聞いたのでした。

しかしそれでも阿難には、その真意がわかりませんでした。

(五) この世のありさま、《わたし》のすがた

するとお釈迦さまは、聴衆の中にいた弥勒菩薩(みろくぼさつ)にむかって説きはじめました。

私がいままで説いてきたように、阿弥陀仏の国はこんなにもすばらしい。おまえたちはぜひとも、この国に生まれるべきです。振り返って、この世界のありさまをよくよくご覧なさい。

この世界では、人はみな俗事と財産を求め、互いににくみあい、善をなせば福を得ることを知りません。このようなこの世界を遠く離れ、阿弥陀仏の国に生まれることを願いなさい。

またこの世界には五つの悪があります。一に、人々が争い殺し合います。二に、人々が規律を破り道徳を守りません。三に、寿命に限りがあり、死を経験しなければなりません。四に、言葉をもって人を裏切り嘘をつき軽くあしらいます。五に、人々は怠け者で善を修めません。その報いとして現世では罰を受け、来世では苦しい生を受けます。

弥勒菩薩はこの自分のありさまを聞いたのでした。弥勒菩薩は、「おっしゃるとおりです。そのように心に止めたいと思います」と真摯に受け止めました。

これを聞いた阿難はどう思ったでしょう。

(六) 阿難の南無阿弥陀仏

そのときやっと阿難の心に、一筋の信心が生まれました。この自分の姿を深く悲しみ、その私のために用意された阿弥陀仏の《本願》に、深い喜びの感動を感じていました。阿難は、阿弥陀仏の国を一目見たいと深く願って、南無阿弥陀仏と仏を念いました。すると阿弥陀仏は大光明を放ちました。阿難の眼にその国が見えたのでした。

お釈迦さまの言葉によって、阿難と弥勒菩薩は次のことを確認しました。

その国には金の宮殿の中に五百年のあいだ閉じこめられる者がいます。それは(さっきまでの阿難のように)仏の智慧を疑う者たちで、五百年間、仏に会えず教えも聞けません。(今の阿難のように)仏の智慧を信じる者たちは、宝の蓮華の中に生まれて、すぐに教えを聞けます。

さらにお釈迦さまは弥勒菩薩に言いました。私たちの世界からは67億のおまえのような菩薩、その他数えきれない人々が、その国に往生するでしょう。それ以外に、いろいろな世界から、数えきれない人々が往生するでしょう。このように阿弥陀仏の国は、数えきれない多くの人の救いなのです。

(七) 最高・永遠なる、《本願》の救い

お釈迦さまは弥勒菩薩に言いました。

今の阿難のように阿弥陀仏の名を聞いて、阿弥陀仏の本願の真意のありがたさに歓喜して、南無阿弥陀仏と一念すること。これこそが、この人生最高の功徳です。たとえこの世に火が満ち満ちていようとも、それをかき分けてでも、この人生最高の功徳を得るべきです。弥勒よ、あなたはこの教えを信じて、人に説き、自らも行じなさい。

この教えを説いた私が死んだ後とて、この教えによれば救われます。私が説いた他の教えを伝える者がすべて亡くなり滅んだとしても、この教えによれば救われます。

この教えはなかなか聞けないものです。信心はなかなか生じないものです。南無阿弥陀仏もなかなか続けられないものです。難しいうえにも難しいことです。それを今、おまえはこのように聞きました。さあ、信心を生じて、南無阿弥陀仏を続けなさい。

そのとき、聴衆はみな信心を起こして種々の悟りを得、奇瑞が起こって、聴衆たちは一人残らず歓喜しました。

無量寿経はこれで終わります。